• ホーム
  • 避妊しているけれど妊娠しているか不安

避妊しているけれど妊娠しているか不安

薬を飲む女性

避妊をしているけれども妊娠をしているか、不安になってしまうという女性は多いものです。
このような不安をなくすために一番いい方法が、性行為をしないことです。
性行為をしなければ妊娠をする可能性もゼロになるわけですから、これほど確実なものは有りません。
妊娠はしたくないけれども、性行為はしたいとなればできるだけ妊娠をする確率の低い方法を選ぶ以外に方法は有りません。
どれだけ、確率の高い方法であっても100パーセントではありませんから、少しでも確率の高い方法を選ぶしか無いのです。
100パーセントにすることはできなくても、ほぼそれぐらいに近づけることはできますから、妊娠に対して不安を持つ人はより確率の高い方法を選びましょう。
例えば確率の高い方法としては、ピルの服用がありますがこれを使うことによってほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。
もちろん事前にピルを服用しておくに越した事はないですが、性行為に及んだ後の翌朝でも間に合うモーニングアフターピルもございます。
しかし、それでも100パーセントではないわけですから、そこに更にコンドームの着用であったりコンドームを着用しながら膣外に射精をしてもらうといった方法を男性に協力してもらえば、避妊効果は飛躍的に高まります。
ピルの時点で確実に近いものが、コンドームを使うことによって更に確実性が高まります。
更にコンドームをしていても膣外で射精をすれば、精液が膣内に漏れてしまう可能性を極限まで抑えることができるので、妊娠をする可能性というのはほぼゼロにまで近づけることが出来るのです。
ここまでのことをして妊娠をしてしまったら、仕方がないということにはなりませんが性行為をするのであれば、最悪ここまでしてそれでも妊娠をしてしまった時にはそれを受け入れるという気持ちで性行為をするようにしましょう。
基本的にはしっかり何重もの避妊さえしていれば、妊娠をする確率は事故に遭うよりも低いものとなります。

関連記事