ミレーナという避妊方法

若い女性

避妊をする方法は主なものにコンドームなどの避妊具を男性が使ったり、女性が経口避妊薬のピルを服用することが主なものです。
ピルと同等の効果がありながら、ピルのように毎日同じ時間に飲まなければいけないというわずらわしさがないものにミレーナがあります。
ミレーナは子宮内避妊具で、子宮の中に入れることで受精卵の着床を防ぐものです。
ミレーナはプラスチック製で、T字型をした小さなものでその柄の部分に黄体ホルモンが含ませてあり、そのホルモンの作用で受精卵のベッドともなる子宮内膜が厚くならないという効果とともに、精子が子宮に入りにくくなるため妊娠を防ぐことが出来ます。
正しく装着すれば1年間で100人中0.14人が妊娠すると言われているほど高い確率で避妊ができるものです。
他にも月経過多や生理痛など、子宮内膜が厚くなってしまうことで起こる症状の改善の効果も期待できます。
ミレーナのメリットは、一度挿入してしまえばその効果が5年ほど継続することです。
40代以上の人や喫煙をしている、肥満の人はピルを服用することで血栓症などの副作用が起こりやすいため服用に注意が必要でしたが、ミレーナはそのような人にも安心して使える避妊具です。
5年間の使用ならば、毎月ピルを購入して服用するのと比べてても総合的な費用は安くなります。
妊娠したくなればミレーナを取り除けば良いので、今は妊娠したくないけど数年後には子供が欲しいという人にも向いています。
デメリットは出産経験がない人の場合、装着が難しいということです。
子宮口が開いていないため、装着時に痛みが生じてしまうことがあります。
また、挿入してから3か月以内に自然と脱出することが4%ほどあります。

関連記事