コンドーム

避妊をしているにもかかわらず、妊娠の可能性があるというのはどのような方法にしても100パーセント妊娠を防ぐことはできないためです。
性行為をすれば妊娠の可能性が出てくるのは当然のこととなり、どれだけ妊娠を避けようとしても性行為をした時点でその可能性をゼロにすることはできないのです。
限りなく可能性を低くすることはできますが、それを完全にゼロにすることはできません。
次に避妊の仕方が間違っている、失敗をしてしまったというケースで妊娠をしてしまうことがあります。
例えば避妊によく使われるコンドームの使用ですが、これは正しく使っていれば高い確率で妊娠を避けることができますが、使い方を誤れば全く意味のないものとなってしまいます。
射精の直前にだけつけるという場合、射精の前に少しだけ精液が漏れてしまうということがありそれによって妊娠してしまうことは十分に考えられます。
付け方が不十分であり、精液が漏れてしまうということや行為の最中に破れてしまって精液が漏れて妊娠をしてしまうということもあります。
膣外射精による避妊をしている人もいることでしょうが、これも射精を完全にコントロールをするのは難しいので気づかない間に漏れてしまうということもあるため、避妊をしていたのに妊娠をしてしまったということになりがちです。
安全日を利用した避妊法というのもありますが、これに関しては非常に確実性の低いものとなっているので避妊法として適さないにもかかわらず、この方法を利用して妊娠をしてしまうということもあります。
このように避妊をしているのに妊娠をしてしまうということは様々なパターンがあり、多くの場合にはそのやり方が不適切だったということが多いのです。

記事一覧

ピルと通称される経口避妊薬は、単に口から飲むだけで避妊ができるという、女性にとっては画期的な効果効能...

考えている女性

結婚や恋愛はとても大事な事ですが、人によってはどうしても結婚や恋愛での性関係の悩みが解決出来ないとい...

笑顔の女性

避妊方法には様々な物があります。 また選んだ方法によって金額が違い、費用の負担も大きく変わってきます...

若い女性

避妊をする方法は主なものにコンドームなどの避妊具を男性が使ったり、女性が経口避妊薬のピルを服用するこ...

薬を飲む女性

避妊をしているけれども妊娠をしているか、不安になってしまうという女性は多いものです。 このような不安...